X220 Tabletの液晶保護シートなんですが、結局EP121のシートに落ち着きました。
某バで始まる所のも使ってみたんですけど、防汚処理してるはずなのに汚れが画面の滲みを引き起こしたり肝心の汚れが簡単に拭き取れなかったりで…ちょっと無いなと。

カットはする必要はありますが、シート右側の凹み部分をカットすればヨコはちょうど良いサイズになりますし、タテは余裕があるのでカメラ穴など特に気にする必要もなく。
問題なく使用する事はできます。

X220t LANカード換装後の話。

Intel My Wi-fi DLLが読み込めないエラーがでたんですけど
ドライバ導入時にデフォルトで機能が追加されないみたいです。

 

とりあえずインストーラ立ち上げて見ると入ってないのでMy wifi テクノロジーを入れたげて無事動作しました。

 

到着後、メモリは4GB1スロットにしてたので追加購入した4GB実装したり
必要なアプリとかごりごり導入したり
買って早々にIntel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250に付け替えたり
結構時間取られてしんどい…。

標準電圧のsandy bridgeはやっぱりはえぇなーと思いました。
エクスペリエンスインデックスはこんな感じ。
(電源設定:maxパフォーマンス、 Lenovo Turbo Boost+ on)

追記(2011/09/19):最新ドライバいれたらグラフィックスも6.2になってました。Ivyとかどうなるんだろう…

ノートに8GBってもう全然メイン機でいけますね
minidisplayポート実装はDVI変換すればデュアル余裕ですし
プリインストアプリもそんな悪く無い。

>Thinkpad製品は品質テストに100を超える
(開閉試験、片もち落下試験、動作ノイズ測定試験、環境試験、加重試験etc)
相当の耐久テストを行っている
とかあとリチウムイオン搭載のノートPCが避けられない劣化対策も万全で満充電容量を自由に設定可能ってのがとても大きい。

レノボ、大和研究所を公開 – ThinkPadの堅牢性へのこだわり

完成度は正直全然違うなーと。重さ以外。

EP121も良かったんだけど、こっちの方が愛着湧きそうです(笑)

EP121の代わりのサブPCにlenovoのアレを購入しました。
有り難い事に手放した分で追加出費があまり無く買えましたので運が良かったね自分。

i5-470UM → i5-2420M
RAM4GBシングル → 8GBデュアル
バッテリーの保ち長時間化
デグレードしたのはSSDからHDDに戻ったのと重さくらいかな…

とまあ比較した性能向上は格段にあったりで、
エクスペリエンスインデックス出したら手持ちのデスクトップと遜色無いかった…(苦笑)

とりあえず気になる事
・タブレット性能はEP121と同じかな
(というかペン互換性ある様なのでそりゃそうか)

・自分の環境の場合、lenovoのドライバ+ASUSのドライバで筆圧が効くようになった。
逆にいえば最新の更新かけてもダメだったという訳で。

・あと何かあった時用にwimax…とか思った時には発送されてしまったので
対応するIntel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250に換装しときたい。

この辺りも気が向いたらちらほら書いていけたら。未定ですが。

2012/02/12追記:V6.2.0w5Jwi で筆圧曲線自体を設定できるようになり、きっちり0から設定できるようになったみたいです。

EP121の筆圧調整絡みで見つけた設定のまとめとかメモとか。

コントロールパネルから設定するUIではタブレットの性能をギリギリまで発揮できてません。
というか、もっと軽く繊細な描画ができるぽいです(但し体感には個人差が云々…)
ついでに言うとIntuos系はデフォルトでは読み取り速度が大幅に制限されているので
これもいじってあげる必要があるんですが余所でまとめられているので
「wacom 文字認識 タブレットモード」あたりでググってください

これは性能を制限するというよりも
・多様な環境下で使うデバイスであること
・ギリギリにチューニングすると使い方によっては不具合が出やすいこと
という、クレームに繋がりやすい部分と性能のバランスにマージンを取った値にしている
と思われるので仕方ないかなーと。
みんながみんなハイスペックPCな訳じゃないし
人によっては不具合すぐ出るような使い方になっちゃうこともあるし。

確認した環境: Intuos3、EP121 他は判りません。
1g荷重で描けるIntuos4だとあまり違い無さそうですな…

それと各値の説明は適当です。
実際にそういう挙動をしているかは正しいと限りません。

設定は自己責任で…ということで続きは以下。

 

続きを読む »